「春立つ日」はなぜ「立春」なのか

二十四節季の一つ「立春」は、「春立つ日」と言われる。
古今集の冒頭にとられた在原元方の歌の詞書に、「ふるとしに春たちける日よめる」とあり、次の紀貫之の歌の詞書にも、「春たちける日よめる」とある。
春が立つのならば、「春立」(主語+述語)となるはずなのに、なぜ「立春」(他動詞+目的語)なのだろうか、というのが、<「春立つ日」はなぜ「立春」なのか>の意味するところである。

「春立」ならば、「春が立つ」であるが、「立春」では「春を立てる」となってしまうではないか。
これは立春ばかりでなく、当然のことながら、立夏、立秋、立冬、すべてに言えることである。

これについては、大修館書店のホームページの「漢字文化資料館」にある「漢字Q&Aコーナー」でお尋ねしたら、Q0457で、「「春が立つ」ならば漢字の順序として「春立」でないといけないのではないですか?」という質問の形で、回答をいただいた。
詳しくはそちらを見ていただきたいが、簡単にいうと次のようになる。

中国古代の人々の感覚では、人間界の諸々の諸政策ばかりでなく、星辰の運行から季節の巡行に至るまで、すべては王の支配に委ねられているものであった。だから、季節も勝手にやってくるものではなく、王が「この日から春だ」「この日から夏だ」……と宣言するものであったのである。つまり、「立春」とは「春が立つ」のではなく、王が「春を立てる」という意味合いで解釈すべき言葉なのである。

大修館書店HP「漢字文化資料館」 → 「漢字Q&A」(旧版) → Q0457

「立」という動詞の、特別の用法ではないだろうかと思っていたが、そうではなく、世界観に関わる問題であったわけである。その「立春」を、後世の人々は自分たちの理解に合わせて、「春が向こうからやって来て、立つ(春になる)」と解釈したのだろう。

          *  *  *  *  *  *  *  * 

古今集から、春のはじめの歌をいくつか。

   ふるとしに春たちける日よめる     在原元方
 年の内に春はきにけりひととせをこぞとやいはんことしとや
 いはん

   春たちける日よめる            紀 貫 之
 袖ひちてむすびし水のこほれるを春立つけふの風やとくらん

   二条のきさきの春のはじめの御うた  
 雪のうちに春はきにけり鶯のこほれる涙いまやとくらん

   雪の木にふりかゝれるをよめる     素性法師
 春たてば花とや見らむ白雪のかゝれる枝にうぐひすの鳴く

                       
   春のはじめのうた           みぶのたゞみね 
 春きぬと人はいへども鶯の鳴かぬかぎりはあらじとぞ思ふ


(注)古今集の歌は、岩波文庫『古今和歌集』(佐伯梅友校注、1981年)によりました。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック